カバラの本

2009/07/26

マダム山陽が所属しています、日本占術協会会長 浅野八郎先生の近刊書

 「カバラ」占いの書 拝読しました。

カバラ数秘術を勉強中の人には教科書として、分かりやすいです。

説話社から出ています。

 

浅野先生は300冊以上出版なさっていますが、どれも分かりやすく参考になります。

山陽自身、自分が勉強してきたことが同じの場合は、大きな自信になります。

占い師になるためにはいろいろな占い方法を勉強せねばなりません。

最低3年から5年勉強して、周囲の人を鑑定させてもらいながら経験を積み、

プロになっていきます。

プロとしてはその人の人間性や育った環境なども大切です。

相談依頼相談依頼

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です